食品科学科:食品化学コース

食品の栄養と加工について学ぶコース

食品化学コースでは、野菜を主とした農産加工と、食品の成分・品質変化及び分析に関する専門的な知識・技術を習得します。また、食品を幅広く加工・利用するための実験・実習の基本的な技術・心構えを習得します。さらに、瓶詰・缶詰などの農産加工食品についての基本的な知識・技術・心構えを習得します。

食品化学コースの学習の中心

野菜

  1. 野菜本校で加工に用いる野菜、島根県、または出雲地域で栽培可能な野菜を中心に授業を行い、生産、流通、消費まで幅広い視野で授業を展開します。
  2. また、実際に圃場において栽培を行い、作ることの楽しさや難しさを体験します。
  3. 栽培する野菜の候補について、夏はサツマイモ・トマト・ピーマン・カボチャ・オクラ・キュウリ・コンニャク芋・ナガ芋など、冬は大根、白菜、玉ねぎなどがあります。

  1. 食品化学身近な食品と原材料に関する具体的な事例を通して、主な食品の成分、栄養、性質に関する基礎的な知識を習得します。
  2. 食品や原材料の成分に関する実験・実習を通して、主な定性分析方法の原理を理解し、食品製造の改善に応用する実践力を育てます。

フードデザイン

  1. フードデザイン食事の意義と役割について理解を深め、豊かな食事を構成するために栄養・食品・料理様式と献立・調理・テーブルコーディネートなどに関する知識と技術を習得していきます。
  2. 実習を通して食事を総合的にデザインする能力と実践的な態度を身につけていきます。

最近の課題研究の内容

  • マーマレードの二次加工
  • Miso革命
  • ヨーグルトを使った商品開発
  • 雑穀で食物繊維をたっぷり!!
  • 農産加工品のマーケティングと二次加工【マーマレーDo】
  • 農産加工品のマーケティングと二次加工~イチゴジャム・プルーンジャム~
  • 豆乳を使ったヘルシースイーツ
  • おいしい!ヘルシー!新しい!低カロリーな焼きドーナツ
  • わくわくおやつタイム
  • イチゴジャムでLet’s cooking!
  • 新ジャム開発
  • 地域食材を使用したスイーツの開発を目指して
  • 農産加工のマーケティングと二次加工~トマトジュース~
食品科学科
食品科学科:食品化学コース