【食品科学科】イチゴジャム・リンゴジャム・マーマレードについて

ジャムは、果実中のペクチンが、酸と糖の作用によってゲル化したものです。そのため、ペクチンの性状や量、糖量・有機酸量(pH)がゲル化やゲルのかたさに大きな影響を及ぼします。このため、ペクチン・糖・有機酸をゼリー化の3要素といいます。

 今年度より新しい機械(真空濃縮機)が導入されたことで、本校のジャムが変わりました。→変更点はコチラをクリック!←

 ≪イチゴジャム≫不動の人気を誇るイチゴジャム。ペクチンを使用していないため、従来品に比べて少し甘く感じる(Brix64程度)かもれません。

いちごのへたとり 濃縮中 充填の様子 試食

リンゴジャム≫昨年と比べて色もかたさも改善されました!イチゴジャムに次ぐ商品となるか!?(Brix60程度)

リンゴカット リンゴ投入 充填作業 リンゴジャム

あまなつマーマレード≫3年生の課題研究でマーマレードを題材にしたグループが、本校のマーマレードの改善のために活動してくれ、製造について例年とは何点か変更したところがあります。まず、今回使用した品種は「紅あまなつ」というものです。また、ペクチン抽出の際にひと手間加えたことで、あまなつマーマレード特有の苦みをかなり抑えることに成功しました!若者にも受け入れられやすい味となりましたので、ぜひご賞味ください。(Brix60程度)

あまなつカット ペクチン抽出 スライス渋抜き 充填作業

【食品科学科】イチゴジャム・リンゴジャム・マーマレードについて