桜の移植

IMG_0969 IMG_0987 IMG_1003 IMG_1008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寒気の中にも早春の息吹が感じられる頃となりましたが、体調は崩されてないでしょうか。

春といえば“桜”を連想する人も多いと思います。
 ここ出雲農林高校にも、桜の木が敷地内にたくさん植栽されていますが、中でもグラウンドの南側にある桜は、昭和53年3月卒の卒業生が卒業記念として植樹したものだそうです。(現出雲農林高校校長の同期生)そして今回、道路の拡張工事に伴い、その桜を移植することになりました。

 その作業の一環として、移植のための『根回し』という作業を、生徒たちは体験しました。専門の方に教えてもらいながら、真剣に取り組む姿がうかがえました。

 移植に携われるのは農業高校だからこそですね。この貴重な体験が生徒をさらに成長させることでしょう。

桜の移植