H29年度 植物科学科 課題研究発表会の開催

平成29年度、植物科学科課題研究発表会を12月12日に開催しました。


今回の発表会では、3年生が2年間一生懸命取り組んできた課題研究の結果を植物科学科全ての生徒、先生の前で発表するという内容でした。どの発表も完成度が高く一生懸命に取り組まなければできないような発表ばかりでした。

何より驚いたのは発表後の質問や、それに対するやり取りでした。1年生は興味津々という感じで2,3年生に負けず劣らず気になったことを次々と質問していました。2年生は研究の内容が理解できていないとわからないような鋭い質問をしていました。3年生は研究内容を理解した上、このようにしてみればもっと良い結果が出たのではないか。など更に研究内容を深める質問をしていました。このような質問を受けた発表者は何一つ焦ることなく適切な回答をほとんどの班がしていました。

発表者に対する質問、それに対する回答を各学年こんなに成長していたのだな。と感心しながら眺めていたところあることに気が付きました。それは生徒自身で植物科学科課題研究発表会をつくりあげているということです。発表会自体をつくりあげることは今まで先生の助けがなければなかなかできないことです。それを生徒自らの力のみでやってのけていたのでとても驚きました。

今回のような発表会を今後も継続できるように私たちも生徒に伝えれる精一杯のことをやっていかなくては。と改めて思い直すことができる1日でした。

 

siryo

 

 

 

 

shokubutsu-kadai-1 shokubutsu-kadai-2

H29年度 植物科学科 課題研究発表会の開催