【食品科学科】ドイツ研修の報告をしました

 8月20日~25日に実施したドイツ研修について、報告をご支援いただいた次の機関で行いました。研修に参加した生徒5名は、研修先の4ヶ所での気付きや感想を述べています。

※詳細はこちらをご覧ください

 全体を通して、実際に見て・聞いて・体験した中で、欧州では環境に配慮された「持続可能な農業」が進んでおり、有機作物の需要が高いことや、本校のシャインマスカットを試食していただき、ほとんどの方が「とても美味しい」と高評価だったことを、動画や写真も使用し報告させていただきました。


9月2日(月)

「JAしまね本部」

研修について報告させていただき、石川組合長より激励の言葉をいただきました。

「島根県農林水産部」

今後の目標である、2020年オリンピック・パラリンピックでの活動について、栗原技監をはじめ、職員の皆様と確認することができました。

農林水産部 (3)

「島根県教育委員会」

新田教育長より、「グローバルな教育活動を通じて、見聞を広めるとても良い研修になった」とお言葉を頂きました。

  教育長 (4) 教育長 (7)


9月4日(水)
「JAしまね出雲地区本部」

岡田地区本部長より、生徒の報告を聞いて、「国外に出ることで日本農業のこだわりや工夫を改めて知る、良い機会になった」と言って頂きました。

出雲地区本部 (12)

「JAしまね斐川地区本部」

山根地区本部長から、環境保全型農業についてお話を伺い、環境に配慮した農業を行うことの大切さを改めて感じました。

 斐川地区本部 (15)

【食品科学科】ドイツ研修の報告をしました