1年生でCCPを使ったキャリア教育実施しました。

  6月14日(木)の3限に環境科学科と動物科学科で、4限に植物科学科と食品科学科でCCPを使ったキャリア教育を行いました。

  CCPとは、ジョブカフェしまねが開発した高校生の進路に対する自発的な動機を高め、就職や進学といった卒業後の進路への不安を解消するためのプログラム『キャリアカウンセリングプログラム(通称=CCP)』です。

  本校で導入してから7年になります。今年は1年生で各学期に1回、2年生は2学期と3学期に1回ずつ行う予定です。今回は1年生の1回目の実施でした。ジョブカフェしまねから2名の講師の方をお招きしました。テーマは「ジョハリの窓」です。ねらいは「他人から見た自分(と自分が思う自分の違い)を知り、長所短所の自覚へつなげる。他人から強みを指摘してもらい自己受容をはかる。自分の可能性に気づく。」です。

下の写真は当日の授業の様子です。

IMG_1792 IMG_1786

1年生でCCPを使ったキャリア教育実施しました。