本校のGLOBAL G.A.P認証が農林水産省のfacebookに取り上げられました

次のとおりです。


【ズームアップ!がんばる農の学び舎vol.7~出農産GLOBALG.A.P.認証を取得したぶどうをドイツでPR!~島根県立出雲農林高校】

島根県立出雲農林高校のグローバルGAP取得チームは、ドイツで同校のGAPへの取組、GLOBALG.A.P.認証を取得したぶどうのPR・調査をしました!

同校では、2018年5月にチームを発足し、弘前大学、島根県東部農林振興センター、JAしまねの協力の元、生徒自身がGLOBALG.A.P.のチェック項目一つ一つにアプローチし、同年12月に認証を取得しました。
生徒達の目標は、世界に通用するぶどう作り!ということで、本年8月にドイツに行き、GLOBALG.A.P.を策定したFoodPLUS本部でこれまでの取組のプレゼン、卸業者や加工業者、世界中の食べ物が集まる見本市「ストリートフード」での消費者への出農のぶどうのPR・調査をしました。そこでは、味について高い評価を得たと同時に、食品の安全性にこだわる欧州市場でのGLOBALG.A.P.の有効性を再確認しました。また、持続可能な農業という視点からの有機栽培の需要が高いこと、プラスチックを使わないパッケージが好まれること、果物の文化的な位置づけや用途の違いを考慮した価格設定などの気づきがありました。

今後も、認証の取得・維持にとどまらず、地元出雲の農家へのGAP活動の啓発と普及、東京2020オリンピック・パラリンピックでの選手村への食材提供に向けて活躍に期待です!

nousui_1nousui_2nousui_3

本校のGLOBAL G.A.P認証が農林水産省のfacebookに取り上げられました