【食品科学科】農産加工品ラベルの更新について

出農ショップメンバーより、「ジャムとトマトジュース以外の製品には、ジャムのようなラベルは貼らないんですか?」と疑問を投げかけられました。

どういうことかというと、現在、食品科学科農産加工部の製品には、左のようなラベルと、右のように必要最低限の表示がされたラベルとがあります。
イチゴジャム 梅シロップ
商品は、中身の味はもちろんですが、手に取ってもらうための見た目も重要となります。この写真のように製品によって表示のばらつきがあると、販売活動にも影響があるとの訴えでした。

また、平成25年6月28日に「食品表示法」が制定、公布され、これに基づく新しい食品表示制度が平成27年4月1日から施行されています。主な変更点として、栄養成分表示の義務化があり、これまでのラベル(前出右図)では対応できませんでした。

そこで、これまでのジャム3種類およびトマトジュースに加え、ウメジュース、みそ、筍水煮缶詰の3種類を加えた合計7種類のラベルデザインを食品科学科1,2年生に冬休みの課題として考案してもらい、ラベルデザイン総選挙を実施しました。

その結果、食品1年小田川千尋さんの5作品(ジャム3種、ウメジュース、みそ(左:ふた 右:側面)および食品2年河井彩華さんの2作品(トマトジュース、筍水煮缶詰)のデザインが採用されました!!
いちご りんご
まーま うめ
とまと たけのこみそふた みそよこ 

今後は、印刷業者さんとの打ち合わせを重ね、ラベルが完成される予定です。この様子も掲載していく予定です、ご期待ください!

【食品科学科】農産加工品ラベルの更新について