農業クラブ

農業クラブとは

農業クラブの組織図

農業クラブ組織図

農業クラブ 会則

第1章 総則

第1条
このクラブは島根県立出雲農林高等学校農業クラブと称する。
第2条
このクラブは本校に在学する生徒をもって組織し、事務局を同校内におく。
第3条
このクラブはクラブ員の指導性、社会性、科学性の涵養をはかり農業人としての資質の向上を期するのを目的とする。

第2章 事業

第4条
前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 学校農業クラブに関する調査、研究資料の収集配布
  2. 農業に関する研究
  3. 発表会及び競技会等の開催
  4. 見学会及び講習会の開催
  5. 地域の関係団体との提携協力及び社会奉仕
  6. 農村文化活動の研究指導
  7. その他必要な事業

第3章 役員

第5条
このクラブに次の役員をおく。 会長(1名) 副会長(2名) 部長、副部長 若干名(総務部、事業部、研究部、技術部、自営部) 委員(各クラス2名) 会計監査(2名) 会計(若干名) 庶務(若干名)
第6条
役員は次の方法により選出する。
  1. 会長、副会長、会計監査はクラブ員の選挙による。
  2. 部長、副部長、会計、庶務は会長が指名する。
  3. 委員は各クラスより選出する。
第7条
役員の任務は次の通りとする。
  1. 会長はこのクラブを代表して会務を司る。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  3. 部長は各部の部務を司る。
  4. 副部長は部長を補佐する。
  5. 委員はクラスを代表してこのクラブの運営に当たる。
  6. 会計監査は会計事務を監査する。
  7. 会計は会計事務を司る。
  8. 庶務は事務一般を司る。
第8条
役員の任期は1年とする。但し再任を妨げない。
第9条
任期中欠員が生じた場合補充することができる。但し、任期は前任者の残任期間とする。
第10条
学校長をこのクラブの成人代表とする。成人代表はこのクラブの最高顧問でありクラブを指導監督する。
第11条
このクラブは顧問を若干名おく。顧問は学校長が本校の職員中より委嘱する。
第12条
顧問はこのクラブの運営に指導と助言を与える。

第4章 会議

第13条
このクラブの会議は総会及び運営委員会とする。
第14条
通常総会は毎年1回開く。 臨時総会は運営委員会において必要と認められたとき及びクラブ員の3分の2以上の要求があったときに会長がこれを招集する。
第15条
総会はこのクラブの最高の議決機関であり特に重要と認めた事項を議決するほか会務ならびに会計について報告を受ける。
第16条
運営委員会は会長、副会長、部長、副部長、委員をもって構成し、このクラブの企画運営会計に関する事項を決議する。
第17条
各会議は定数の3分の2以上の出席を必要とし、その過半数の賛成によって議決する。

第5章 会計

第18条
このクラブの経費は会費、事業収入寄付金及び雑収入をもってこれにあてる。
第19条
このクラブの会計年度は毎年4月1日に始まり3月31日をもって終わる。

附則

第20条
この会則の改正は総会の議決を経なければならない。
第21条
このクラブに必要な細則は別にこれを定める。
第22条
この会則は昭和38年1月25日より実施する。
第23条
この会則は平成23年5月16日より一部改正する。
農業クラブ