動物科学科1年「ニワトリ飼育実習」

農業高校には、「農業と環境」という科目があります。この科目は、全国の農業高校生が1年次に必ず学習する科目です。スイートコーンの栽培や、ダイコン、ハクサイの栽培、などを行い農業の基礎基本を体験的に学習していきます。 出雲農林高校では、各科の特色に合わせた「農業と環境」を実施しています。共通した学習内容は、スイートコーン栽培、ダイコン、ハクサイの栽培です。それ以外は各科独自の学習を行います。 動物科学科では1年生の秋から春先にかけて「ニワトリ飼育実習」を行います。卵からニワトリを飼育し、約5か月間管理を行う学習です。かわいいひよこから、卵を産む立派なニワトリになるまで全員で飼育管理を行います。そして、最後はと殺・解体を行い、肉をいただきます。この実習では、命をいただくことの大切さを実体験を持って学習します。  平成27年3月20日に、平成26年度のニワトリ飼育実習の最終実習を行いました。全員が真剣に取り組み、命をいただくことを学習しました。最後はから揚げにして、おいしくいただきました。全員がニワトリに感謝し、食べることってありがたいことだと実感しました。     動物科学科に興味のある中学生の皆さん。ニワトリ飼育実習を体験してみませんか。 試食振り返り仕分解体と殺
動物科学科1年「ニワトリ飼育実習」