平成28年度 出雲農林高等学校経営方針

  ○ 校訓:「耕魂 育命」・・・生命を育て、自らの魂を耕せ ○ 出雲農林高校のミッション:島根の農業教育をリードするリーディングスクール ・地域農業を支える人材の育成 ・農業教育を支える人材の育成 ○直面する課題 (1)生徒数の確保・維持(平成29年度高校入試改革、平成30年度以降の生徒減少) (2)基礎学力の充実(平成31年度スタートの高校基礎学力テスト、基礎学力定着研究事業) (3)専門性の向上(本校のミッション、出農SPHプロジェクト)  

1 学校経営目標

校訓「耕魂 育命」に基づいて「自立する専門的職業人」の育成を図るため、「汗と涙と感動のある魅力的な学校」を創る。

  「自立する専門的職業人」とは、 ・社会性と専門性を持ち、自主的に行動できるチャレンジ精神に富んだ地域農業を支える人材   「汗と涙と感動のある魅力的な学校」とは、 ・専門性を高めるとともに、様々な経験をさせることにより生徒の可能性を引き出すことができる学校 ・ひた向きに努力し、チャレンジする気概とあきらめない強い魂を育てる学校 ・生命に対する畏敬の念を持ち、自然の恵みに感謝する豊かな心を育てる学校  

2 学校経営の柱

出雲農林高校魅力化構想  

○出農SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)プロジェクト

出農SPHプロジェクト  

○高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究事業(文科省指定)

基礎学力定着研究開発事業  

平成28年度 出雲農林高等学校経営方針