1年生 健康教育「性について」

生徒感想文
  6月25日(木) 6限 グリーンホールにて1年生対象に
「性について」の健康教育を行いました。
講師の先生は、
○わたなべこどもレディースクリニック副院長 渡辺 祐実 先生
今年は内容が少し変わって少子化に伴い産みどき、育てどきという事をお話しされました。わたなべ先生は講演後、「1年生の反応が、これまでの1年生と違って全くなくて不安になりました。理解してくれたかな~。」と心配をされつつ帰られましたが、感想文は誰もがびっしりと書いてくれていました。
反応がないというより、しっかり聞いて自分の事として考えていた時間だったのでしょうね(^^) 
いくつかの感想文を簡単に紹介します。
<男子>
・僕には付き合っている人がいます。相手の事を考えてきちんとした付き合いにしていきたいです。
・高校のときに出産してもどうやって育てればいいのか不安もあるし、学校をやめることにもなるかもしれない。もしもそうなったら彼女と一緒に育てたいと思いました。逃げないようにしたいです。今日聞いたことを忘れずに高校生活を送っていきたいです。とてもいい話が聞けたと思います。今日のような会が他の高校でも分かってもらいたいなと思いました。
・男は仕事、女は家事という昔の発想がいつまでも続いていることにものすごく腹が立ちました。男子と女子は平等という法律は何年も前に決まっているのにそれをやぶったりするのはあってはならないと思いました。僕たちが生まれてこれたのは女性のおかげです。その女性に対しDVなどという身体や精神的にも傷つけるようなことは本当に辛いです。
・出生率がものすごく低下しているのにすごくびっくりしました。やはりこれからの未来を変えていくのは自分たち若い世代だと思うので、日本が問題にしている少子化も変えていきたいと思いました。とても将来を見つめ直すことができた講演会だったのでよかったです。
<女子>
・自分の身はちゃんと自分で守ること、自立できるようにすること、相手の気持ちを考えることなど健康以外のことも学ぶことができました。この講演会で学んだことを家族や周りの人に伝えたり、自分自身も活かしていけるようにしたいと思います。
・本当に分かり合えるパートナーを見つけていきたいし、軽はずみなことはしないようにしていきたいです。
・誰と付き合うかは自由だけど、セックスは軽い気持ちでやったら絶対にいけないなと改めて思いました。もし妊娠したり、感染症になったら何もよいことはないし、女性の場合は不妊の原因になったりとダメージが大きいので気をつけたいです。
・私は今まで性について興味がなくて知らないことがたくさんあるけど、今日の講演を通して知識として学ぶことができたので良い機会でした。私は将来、幸せな家庭を持つことが夢の1つでもあるので、それを実現させるためにも自分の身は自分で守っていきたいなと思いました。
まだまだ、たくさんの生徒のみなさんが書いてくれていましたが全部を紹介できなくて残念です。
自分の事としてしっかりと考えてくれていたことに嬉しく思いました。
1年生 健康教育「性について」