【食品科学科】トマトジュース実習

まずは実習の様子をご覧ください。
   
   
l

昨年度までは缶詰だったため、缶切りがないと飲めない状態でしたが、今年度からは飲みやすいようにビンにして、缶切りがなくても飲めるようにしました。

また、清涼飲料水の営業許可も取得したので、チャレンジショップでの販売も可能となりました!

1本(185ml)120円で販売しますので、ぜひチャレンジショップへお越しください!

l

次回のチャレンジショップ開催予定日は9月9日(水)です。

ll

l

ここからはちょっとした少しの雑学タイムです。

トマトジュースと聞いてどんなものを思い浮かべますか?

JAS規格によるトマト加工品の定義(一部抜粋)では、 トマトジュース≫ ①トマトを破砕し、または裏ごしし、皮、種子等を除去したもの、またはこれに食塩を加えたもの ②濃縮トマトを希釈して搾汁の状態に戻したもの、またはこれに食塩を加えたもの ≪トマトミックスジュース≫ ①トマトジュースを主原料とし、これに、セルリー、にんじんその他の野菜等を破砕して搾汁したもの、またはこれを濃縮したものを希釈して搾汁の状態に戻したものを加えたもの ②トマトジュースを主原料とするもので、①に食塩、香辛料、砂糖類、酸味料、調味料(アミノ酸)等(着色料を除く。)を加えたもの ≪トマト果汁飲料≫ 次に掲げるもののうち、トマトの搾汁が50%以上のものをいう。 1)トマトの搾汁を希釈したもの 2)濃縮トマトを希釈してトマトの搾汁を希釈した状態となるもの 3)①または②に食塩、砂糖類、香辛料等を加えたもの となっています。本校で製造しているものはトマトジュースです!使用している原材料はトマトと食塩のみです! 甘くて飲みやすいトマトジュースと言われているものは、実はトマトミックスジュースであったりトマト果汁飲料であったりする場合が多いのです。食品表示を見てみましょう。 これをきっかけに口にするものには何が使われているのか多少気にしてみるのもよいかもしれません!?
【食品科学科】トマトジュース実習