第1回サイエンスアプローチ講演会開催

DSCF3970DSCF3987DSCF3991

 

 

 

 

5月30日(月)の3・4限に、1年生を対象に第1回サイエンスアプローチの講演会が開催されました。広島大学の生物生産学部准教授である西堀英明氏にご講演をいただきました。まずは、「右」について周囲の人に説明してくださいの問いから始まりました。その後、生徒全員がニワトリの絵を描いて提出しました。研究するに必要なのは「観察」と「仮説」、「実験」、「考察」と段階を経て行うことが大切であるとおしゃっておられました。今後、生徒が広い目線をもち、様々な事柄への探求心を育んでいくことを期待しています。

第1回サイエンスアプローチ講演会開催