数学の教科リーダー養成・活用事業の報告

数学の教科リーダー養成・活用事業として、出雲農林高校の教員である小松原教諭が研究授業を行いました。研究授業は平成28年2月12日(金)の3限11:05~11:55に1年の植物科学科を対象にして、グリンホールで実施しました。県内の公立高等学校の数学の先生が20名程度が参加されました。授業が展開されていくなかで生徒全員を起立させたり、全員で一斉に声をあげて答えさせたりして生徒の主体的・協同的な学びを推進しようとの試みの授業展開でした。午後は県教育委員会から3名の指導主事がご来校され、実りある研究協議が行われていました。
数学の教科リーダー養成・活用事業の報告