生徒保健委員作成 保健だより 7月号  熱中症予防について

保健だより(7月号)植物3年 梅雨明けをした途端に、猛暑日が続いています。 夏休みに入りましたが、学校には部活動、面談、進路、実習などで生徒のみなさんは暑さに耐えながら頑張っています。 睡眠、食事、運動のバランスを整え、水分補給や帽子、着替えやタオルなど自分でしっかり対策をしてこの夏を元気に過ごしてほしいと思います。 水やお茶だけでは血中濃度が薄まり、よけいに体が疲れてしまいます。塩分、糖分が補える工夫もしてください。すっぱいクエン酸も必須です。 たとえば、梅干し、塩レモン、レモンの砂糖漬け、漬物、飴、干し梅など 持っておくと良いでょう。
生徒保健委員作成 保健だより 7月号  熱中症予防について