剣道同好会

剣道同好会関連情報INDEX

<はじめに>

剣道部
剣道部
今年度の部員は、3人が卒業した後、2年生1人だけとなり、同好会へ降格となりました。 剣道の理念は“人間形成の道”であり、修練の心構えは“心身”を練磨し、“礼節と信義”を重んじ、常に“自己の修養”に努めることにあります。 試合は、個人戦・団体戦ともに1対1で戦います。選手は試合場に入り二歩進んでお互いに礼をし、三歩進んで蹲踞したのち審判員の「始め」の声で立ち上がり、竹刀で防具の決められた箇所(面・小手・胴など)を打突し、4分間三本勝負を行います。 剣道着・袴姿は凛々しくかっこいいのですが、防具を身につけた稽古は動きづらい上に、汗まみれで不衛生なイメージもあります。でも、他のスポーツでは味わえない緊張感・躍動感・充実感があり、部員たちは日々稽古に励みながら連帯感を深めています。 来年度、新入部員が増えて、伝統ある出農剣道部が復活してくれることを期待しています。

<活動内容>

  • 素振り(木刀で行う場合もある)
  • 切り返し
  • 打ち込み稽古(打突)
  • 掛かり稽古
  • 互角稽古(地稽古) など
平日のみ 16:15~18:30頃(時期により多少前後します。)

大会(公式戦)

  • 4月:中国大会県予選
  • 6月:県総合体育大会
  • 10月:県選手権
  • 12月:県新人戦
剣道同好会

剣道同好会:関連情報

最新の10件を表示